スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師になったきっかけ③

Category : 嗚呼!日本語教師・・・
ユク:ところでコピさんが日本語教師になったきっかけは?
コピ:実は「日本語教師」って選択は、最初はまったくなかったんです。
   存在自体を知らなかったというか・・・。
ミロ:普通そうですよね~
コピ:社会に出て何年か働いて、
   よくありがちな「このままでいいのか」「なんか新しいことしたい」症候群になり、
   会社辞めたんです。
ユク:なるほど。
コピ:カナダの小学校で日本文化を紹介するってプログラムに参加しました。
   いわゆる折り紙とか習字とか日本料理とか、子どもが興味持ちそうなことをちょいちょいと・・・。
ミロ:養成講座とか行く前にカナダに行ったんですか?
コピ:はい。だって知らなかったんですもん。
3人:(笑)
コピ:その時気づいたのが、言葉を教えるときの難しさ。
   「挨拶」を一通り教えちゃうとあと何を続けていいものやら。
   その時初めて「日本語教師」って仕事を知ったというわけです。
ユク:子どもきついですよね~
ミロ:わたしは子供に教えたことないな~
ユク:ネタないし↓
コピ:覚えないし↓
ユク:大変ですよね~
コピ:私の場合、「日本語教師になりたい!」というより、
   どんな仕事なんだろうと思って勉強を始めた感じがします。
   養成講座に通ってみると、知らないことばかりで、それがまた面白くて・・・
   養成講座通ってた時、楽しかったです。
ユク:分かる分かる
コピ:勉強終わって、さて仕事をしようとしたら、これがなかなか見つかるものではない。
   縁あってウズベキスタンで教えるチャンスを得て、そこからはまっていった感じです。
ミロ:いきなりずいぶん遠くに行きましたね。
ユク:家族とか反対しなかったんですか?
コピ:まあ、基本、賛成した人はいなかったよね・・・
2人:(大笑)
コピ:まあしないよね~(笑)
ミロ:でもいい所だったんですよね?
コピ:うん、いい所、いい所、おすすめ!おすすめ!
ユク:はい。
コピ:初めにめぐり会った学生たちがいい子たちだったのが大きいですね。
   学ぶことを楽しんでいて、教えるほうも楽しかった。
   授業をしながら、こちらもいろんなことを学びました。
ミロ:それってかなり重要なポイントですよね。外国に住むとなればさらにね。
コピ:外国の人に日本語を教えるのって、自分自身もいろんなこと学べます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

nihongonohana

Author:nihongonohana
・職業:日本語教師
・人数:3名
・経験:5年以上
・勤務地:中国湖南、香港、韓国蔚山、ウズベキスタン、ロシア、仙台
・給料:時給制(現在)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ユーザータグ

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。